寒い季節にピッタリ☆「ツーアウトフルベース」「逆転サヨナラ満塁ホームラン」とおでんのマリアージュ

 

こんにちは、Rです☆

今回は、「ツーアウトフルベース」「逆転サヨナラ満塁ホームラン」とおでんのマリアージュの記事です。

 

〇 今回のお題は

今年もあともう少しで終わる12月。
暖かい日もありましたが、やはり、寒さが厳しくなってきました。

さて、何回かにわたってご紹介させて頂いた、山本合名会社さんの日本酒の「ツーアウトフルベースとのマリアージュ」と「逆転サヨナラ満塁ホームランとのマリアージュ」ですが、今回はずーっとやりたいと思っていた贅沢な飲み比べを、家庭で手軽にできるお家おでんのレシピと共にご紹介したいと思います。

two-out-full-base_gyakuten-sayonara-manrui-homerun

こうして2本並ぶと化粧箱とエチケット(ラベルのこと)の迫力が倍増ですね!!!

 

〇 「おでん」のレシピ

このお酒に合わせる料理はおでんです。
コンビニおでんとは一味違う美味しさのお家おでん!
実はスープを作るのにあるものを入れるとあっという間に旨味たっぷりなおでんが完成してしまうのです^_^

その「あるもの」とは。。。
オイスターソース」です♪
おでんのスープを作るのに使われる牡蠣醤油をオイスターソースで代用しました。

中華料理を作る際にあると万能なオイスターソース。
CMなどでも告知されていたり、少量のチューブタイプがでていたりなど、あると便利な調味料です。

それでは、早速レシピをご紹介!

 

おでんの材料(4人分)

お好みのおでんの具材!
(今回はセットで購入したもの+αです。)
・海鮮がんも
・焼きちくわ
・ごぼう巻き
・野菜天
・もち巾着
・こんにゃく
・がんも
以上はセットのものです。
・大根
・卵
・はんぺん
・ちくわぶ
・厚揚げ

★水:2000cc
★オイスターソース:大さじ1〜2
★顆粒だし:適量
★塩:少々

materials

 

おでんの作り方

1. 大根は皮をむき、面取りをして、下茹でをする。
卵は茹でて茹で卵を作っておく。
2. 土鍋にお湯を沸かし、湧いてきたら★の調味料を入れる。
3. 後はお好みの具材を入れて沸騰しないように煮込めば完成!
(沸騰させてしまうとスープが濁ってしまいます。)

oden

 

〇 まずはツーアウトフルベースと逆転サヨナラ満塁ホームランを飲み比べ♪

まずは、二つのお酒の飲み比べから。
蔵元さん曰く、飲む順番はツーアウトフルベースを飲んでから逆転サヨナラ満塁ホームランを飲むのが正しい方法だそうです。
前回、逆転サヨナラ満塁ホームランをおちょこで飲んだ時に、膨らみのあるグラスの方が香りが愉しめそうと思ったので、今回は木村硝子店うすはりシリーズのブルゴーニュグラスで頂きました。

 

〈純米吟醸ツーアウトフルベース〉

two-out-full-base_label

ツーアウトフルベースは、グラスを口元に近づけるとふわりと優しい香りを感じます。
口に含むと青りんごを思わせるフルーティーで清涼感のある甘さがして、その甘さを追いかけるようにしてピリッとしたキレや辛さを感じられます。
ピリッとした感覚は、日本酒を造るときに搾ってから即詰め即火入れすることで生まれたガス感からなるものでした。
甘酸っぱさとキレからは、「ツーアウトフルベース」という勝負の重要な場面が連想されます!!

 

〈純米大吟醸逆転サヨナラ満塁ホームラン〉

gyakuten-sayonara-manrui-homerun_label

純米大吟醸ということもあって華やかな吟醸香が印象的です。
純米大吟醸の香りがお好きという方は是非ワイングラスなど、香りをしっかり捕まえてくれるようなグラスで飲むことをお勧めします。

実際に、おちょこで飲んだときよりも今回のブルゴーニュグラスで飲む方が、上品な吟醸香が鼻を覆うような感覚を楽しむことができました。
後に引く余韻も短すぎず長すぎず、でも更にもう一口飲みたくなるような、ちょうどいい塩梅です。
実際に飲んでみると、モダンで上品な味わいが口に広がり、すっきりとキレのある余韻が華やかな香りと共に鼻に抜けました。
キレのある余韻と華やかな香りは、「逆転サヨナラ満塁ホームラン」という、勝利に相応しいものだと思います!!

 

両者を比べると、ツーアウトフルベースが優しくフレッシュな印象に対して、逆転サヨナラ満塁ホームランは上品で華やかな香りと味わいです。
余韻の長さは逆転サヨナラ満塁ホームランの方が長めに感じ、キレは二つとも似ていると感じました。

 

〇 おでんとの相性ランキング

「ツーアウトフルベース」と「逆転サヨナラ満塁ホームラン」単体の飲み比べに続いては、おでんとのマリアージュです。
今回は、それぞれの日本酒に合う具材をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

〈純米吟醸 ツーアウトフルベース〉

oden_two-out-full-base

★3位 ちくわぶ★

ちくわぶの小麦粉に塩をプラスした味わいにツーアウトフルベースの青リンゴの風味がマッチ!
普段の私だったら、からしや柚子胡椒などの薬味を必ずつけて食べるのですが、今回は日本酒が薬味に近い役割を果たしてくれたので、薬味なしでも美味しく頂けました。

★2位 はんぺん★

はんぺんの甘さにツーアウトフルベースのフルーティーな酸味が合うと思いました。
スイカと塩のように、はんぺんの甘さが日本酒の辛味やキレの部分を強く感じさせてくれます。

★1位 餅巾着★

まわりのあげの部分におでんのスープがしみ込み、噛むとジュワ~となるもち巾着。
中のおもちも日本酒も、原材料が同じお米であるということもあってか、やはり相性がいいです。
そこに油揚げとスープが加わり更に旨みが増した気がしました。
牡蠣ベースのスープは日本酒とのマリアージュにもってこいですね!

 

〈純米大吟醸 逆転サヨナラ満塁ホームラン〉

oden_gyakuten-sayonara-manrui-homerun

☆3位 卵☆

3位は卵です!
おでんの卵は他の卵料理にはない美味しさを味わえますよね。
卵は食べた後も口の中に残りやすいですが、そこで逆転サヨナラ満塁ホームランを一口飲むと、キレのある余韻が卵と一緒に身体にスッと流れていく感じがします。
卵は最後に食べる派という方も多いかもしれませんが、このお酒と一緒なら食べるタイミングも選びません!

☆2位 大根☆

おでんの人気具材と言えば大根です。
スープがしみしみになった大根は美味しいですよね。
華やかな逆転サヨナラ満塁ホームランとの合わせでは、日本酒と大根が互いに主張しすぎないことで更に品のあるマリアージュを愉しむことができました。

☆1位 海鮮がんも☆

おでんのスープと海鮮の旨みを吸い込んだ海鮮がんもは、日本酒との相性も◎!
魚介の独特な風味も、逆転サヨナラ満塁ホームランと合わせることで、美味しい部分のみを引き出してくれます。

全体的に逆転サヨナラ満塁ホームランとは、食べた時に出し汁がジュワッとなるような具材との相性が良かったと思います。

 

やはり、おでんと日本酒の組み合わせは鉄板ですね(^-^)
おでんと日本酒、どちらも単体で頂くよりも一緒のほうが更に美味しく感じられました。
これこそマリアージュ!と言える黄金コンビだと思います。
今年の冬は是非あったかいおでんと色んな日本酒を合わせて楽しんでみてください。

 

☆ 今回のお酒を買うならこちら

山本 純米吟醸 ツーアウトフルベース 純米吟醸 720ml
山本 逆転サヨナラ満塁ホームラン 純米大吟醸 720ml
〔セット商品〕秋田県の銘酒 山本 野球シリーズ 720ml 2本セット

 

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

  • ja

Archives

スポンサードリンク

 

 

 

ページ上部へ戻る