日本酒「清酒 八海山」で宅飲み☆

 

こんばんは!

この記事をご覧くださいまして、ありがとうございます。

この、ブログを書いているときの時間軸で行くと、2時間ほど前に、今日のランチの話を書いて、続けてこちらを書いている次第です。

先ほどの記事ではランチの記事でしたので、今度はディナーの話です。

今回のお話では、管理人の、自分のお家での夕飯の様子を記事にしています。

これまでの記事は、ほぼ全て、外食か旅の話でした。

ぶっちゃけてしまえば、こうしたサイトやブログで来訪者を増やそうと思ったら、SEOとして、キーワードをタイトルと本文にちりばめた記事を大量生産しなければいけないので、このブログ・サイトでも、そうしたことをしたりしているわけですが、そうなると、検索されそうなキーワードを使った記事作りが必要になり、自然、こういうサイト・ブログであれば、外食でこんなおいしいものを食べました、旅先でこんな素敵なものがありました、という記事になるのかなと。

まあ、かなり安易な発想で、それではSEOにならんでしょ、という感じももちろんしています^^;

しかし、こちらは「三食・飲み会」というカテゴリーになっており、管理人の日常の食と飲みの話題を切り売りする記事にする企画です。

そこで、今回は外食や旅ではなくて、管理人の平凡な夕飯の話を書いています。

これを書くことで、このシリーズは色々な制約を超えて、純粋に、管理人の食・飲み、そして雑感を書き記すコンテンツであるというのを定着させたいなと考えて、今回、管理人の、自宅での夕食を記事にしてみます。

さて、「たん之助酒場」のブログを書き終えた管理人、14時に3種定食Aを食べてから、ブログをアップした23時まで何も食べていません。

ブログを書いて、一仕事終えたので、遅い夕食です。

明日、法事で実家に帰り、月曜日まで留守にするため、食事は作らずにお総菜などとお酒を買ってきて、一人家飲みです。

外食しようかな、といつも思うのですが、一人で飲みに行くと、色々なおつまみを楽しみたい管理人、ついつい注文しすぎて、一人で行ってるのに6,000円くらい払う事態になったりすること、また、一人で飲みに行くと、黙々と飲み食べするため、短時間しかいられないのに、高くつくこと、そして何より、楽しそうな周りの人たちに対して、一人寂しく飲み食べするのが嫌なので、飲むときは外食せずに、お酒と食べ物を買ってきて、家でアニメの動画を見ながら一人飲みです。

今日は、近所のセブンで、お総菜とお酒を買ってきました。

お酒はこちら、「清酒 八海山」です。

これだけだと足りないので、こちらも。

「キリン ビターズ 皮ごと搾りレモンライム」。

新商品、そして、管理人はライム系のお酒大好きなので、見た瞬間に購入決定しました。

そして、肝心のつまみは、

「15品目のサラダボウル」。

もちろん、ベジファーストのためです。

そして、

 

モツ煮とチキンステーキ。

今日は無性に肉が食べたい管理人。

ストレス? ^^;

何はさておき、まずはお酒。

八海山をいただきます。

うん、おいしいです。

ちゃんとした旨みのある辛口の日本酒です。

スペックとしては、こちらのお酒は「普通酒」ですが、本醸造や純米酒のような美味しさです。

モツ煮のような味の濃い食べ物と合わせても、自分を主張することなく、それでいて、埋没するでなく、非常に高いレベルでバランスの取れたよいお酒です。

管理人、学生時代のトラウマで、「普通酒」というと、学生時代の飲み会で一気飲みさせられた、嫌な味のする安酒のイメージが先に立つため、滅多に飲むことはないのですが、この「清酒 八海山」は、そんな管理人のトラウマを打ち砕いてくれる、素晴らしいお酒です。

dアニメストアで配信中の、タイガーマスクWと「銀魂」3年目を、八海山を飲みながら鑑賞。

これらさえあれば、一人でも、一人を忘れられます。

現実逃避ですね^^;

しかし、まあ、人間、嫌なことを抱え続けては生きて行けず、一瞬でもずっとでも、忘れることで生きていけるわけで。

これを書いている現在、酩酊して、この世の憂さを忘れて、元々の趣旨通り、とりとめもないことを心の赴くままにつづっている次第です。

いつか、「つらいことを一瞬でも忘れるためのお酒」が、「楽しさを何倍にも大きくするためのお酒」になってくれたらいいのに、と書きつけて、この記事は終わりにしておきたいと思います。

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Language

  • ja
  • en

Archives

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る