浅草「やきとりの扇屋」で遅めの春の味覚を味わいました☆

 

こんばんは。
このブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
今回の記事は、浅草にある「炭火焼き やきとりの扇屋」さんです。

 

〇 浅草「やきとりの扇屋」でちょっとお祝い

訪れたのは、前回の記事「六本木MUN」さんを訪れた翌日の日曜日になります。

ランチ・コースをいただいた後、お仕事にとりかかりました。
その「お仕事」というのは、許認可をとるために、お役所にお納めする、業務の概要書を作成することなのですが、文章の構成を大幅変更した結果、細かい部分の修正が必要になってしまいまして。
夜中の11時まで作業をしたのに、結局終わらず、日曜日に出社してその細かいところの修正をすることになってしまいました。
これが、意外と時間かかりまして、20時過ぎまでかかってしまいました。

で、その作業を終えて、これでようやくプロジェクトも大きな山を越えました。
ついでに管理人、だいぶ体調も回復し、実は6月に昇進もしていたりしたので、久しぶりにどこかで飲んでいこう☆と思い立って、地元浅草で飲むことにした次第です。
まあ、昇進したのですが、残業代がつかない身分になったので給料は逆に下がってしまったんですけどね^^;

ただ、浅草って、お店の閉まるのが早くてですね、管理人が浅草に着いたのは21時半ころ、チェーン店でない、趣のありそうなお店はけっこう閉まっていたり、お客さんでいっぱいで入れなかったり。
小心な管理人、お店に入るのにも色々と心の準備が必要なため、なかなか入るお店が見つからなかったのですが、ようやく入ったのが、こちらの扇屋さん、入るまでにお店の前を3回通り過ぎました^^;

ちなみに、どういうお店なら入れるのかというと、

①ほどほどにお客さんが入っていて(店員さんに見つめられ続けるのが嫌なため)
②カウンター席にカップルがおらず(孤独感が強まるから)
③そんなに高くなさそう(お金ないから)。

できれば、カードが使える(現金ないから)と最高だったりします^^;;

 

〇 お祝いなので「大関 純米大吟醸」で乾杯☆

さて、お店の中ですが、入り口から向かって右側に調理場と6席ほどのカウンター席、左側にはテーブル席があり、新しいお店のようで、全体的に明るいです。
管理人はカウンター席に座ってまずはメニューを拝見。

本当は、まずはビール、といきたいのですが、一応、痛風の身の上なのでビールはパス。
久しぶり(2か月ぶりくらい)にお店で飲むし、仕事も一区切りついたから、ちょっといいもの飲もうかな、ということで、

「大関 特選 純米大吟醸」を注文します。
お疲れ様&おめでとさん☆ということで、まずは一杯。

すっきりとした味わいのお酒で、管理人の印象としては、単品で飲むよりも、料理と一緒に飲む、料理の邪魔をしない旨みのあるお酒、という感じです。
昔なら、これくらいは二口で飲み干していましたが、さすがにこの2ヶ月ほど痛風をはじめとする体調不良に悩まされていたので、そんな無謀な飲み方はできませんでした^^;

 

〇 扇屋のメニュー

こちらのお店では、枝豆がお通しとして出されるので(しかも、おかわり可)、枝豆をつまみつつメニューを眺めて、まずは焼き鳥とサラダを注文。
家で飲むのと同じく、アニメを見ながら飲もうと、5月に買ったi-Padで、d-ア〇メのアプリを起動するのですが、どうしても動画が再生できません。
ログインしているのに、会員登録の方法とかいう画面が出てきて、いらいらさせてくれます。

なんてことをしている間に、サラダが来ます。

結構なボリュームです!
サラダをつまみながら、なおもi-Padと格闘していると、それほど待たずに、焼き鳥が運ばれてきました。

こちらは、「人気串盛り」390円也。

いや、本当にお値打ち感あります。
お肉にはちゃんと旨みがあっておいしいです。

i-Padでの視聴はあきらめて、小さいけどスマホで銀魂を見ながら、追加注文していきます。
こちらは、「桜島どりのやわらか蒸しどり」。

定番のから揚げ。

そして、

たけのこの串焼きです。

管理人、たけのこ大好きでして。
去年は、家族の事情で4~5月は毎週末、実家に帰っていて、田舎なもので、その時にたけのこをたくさん食べていましたが、今年は体調不良で実家に帰れなかったため、全く食べていませんでした(オフィスの近くにある、某有名讃岐うどん屋さんでたけのこの天ぷらを一度食べましたが、下処理が十分でなかったためか、噛み切れず、味わわずに飲み込んでしまったため、それはカウントせず)。

もう6月なのに「春の味覚?」と心の中で突っ込みましたが、今年は病気がちで味わえなかった「春の味覚」が無性に食べたくて注文しました。
いや、ありがたいことです。
本当は、「たけのこの釜めし」がよかったのですが、もう23時近くで出来上がりに30分もかかるそうで、お腹もいっぱいなので、あきらめて串焼を注文した次第です。

 

〇 店員さんの心遣い

最後に、店員さんが、

こちらのスープを出してくれました。
鳥の旨味が効いていて、でも脂のくどさはないから、胃をスッキリとさせてくれます。

この他に、写真に撮り忘れたつくねと、何本かの串焼き、それと、

こちらのビックりハイ、会わせて4,000円ちょっとでした。

お店を出ると、店員さん2人がお見送りをしてくれました。
管理人は自己評価低いので、お見送りとかされると恐縮しちゃうのですが、でも、やっぱり、してもらえると嬉しいですよね☆

安いだけではなくて、こういうふうにちゃんとしたお客さんへの対応をしてくれるお店だと、また行こう!てなりますよね。
できたら、近々に、たけのこの釜めしを食べに訪れたいなと、思いつつ家路についた管理人でした。

 

やきとりの扇屋 浅草店
ジャンル:焼き鳥
アクセス:東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)浅草駅北口 徒歩2分
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-1-15 ジェネパレス浅草1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 浅草×焼き鳥
情報掲載日:2017年8月9日

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連したお店

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Language

  • ja
  • en

Archives

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る