【家飲みレシピ】ピシッと締まった「花垣 超辛純米」にみんな大好き「ほうれん草イカベーコン」はいかが

 

こんにちは

このブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
東京在住のMです。

今回は、「花垣 超辛純米」と「ほうれん草イカベーコン」のレシピをご紹介いたします。

師走のころとなりましたが、今年はコロナに始まりコロナで終わるような一年間。
普段何気なく行っていたお店や場所がなくなってしまう悲しさと、一生懸命営業してくださる嬉しさを身に染みて感じた年でした。

また、ここに来て頑張って生活していた人たちに疲れも出てきました。
私の周りでも体調を崩す人が増えています。
健康であること、食べ物を美味しいと感じて楽しめることのありがたみを、ひしひしと感じる日々です。

そのような思いを抱え、今回は何をいただこうか作ろうかと、いつもに増して気合が入ってしまいました。

 

○丁寧に醸された「花垣 超辛純米」

先日、久しぶりにお酒の冷蔵ショーケースがずらりと並んだ百貨店に行きました。
ショーケースには、日本全国のお酒が地域別に並べられています。

その中から、あまり試したことのないお酒をと思って選んだのが今回のお酒、福井県の南部酒造場の「花垣 超辛純米」です。
南部酒造場は、「越前小京都」と呼ばれる大野市にある創業100年の老舗蔵です。

福井県大野市は酒造好適米「五百万石」の有数の産地であり、名水100選にも選ばれた「御清水」の里、と聞けば素通りはできません。

今回のお酒「花垣 超辛純米」は、醪の中の糖分がなくなるまでアルコール発酵させる、「完全発酵」という手法によって造られたお酒です。
超辛口で、しかも日本酒度+12とはどのようなものでしょうか。
期待が高まります!

hanagaki_chokarajunmai

この超辛純米に合わせる料理は何がよいだろうか。
福井県→越前という土地から思い浮かんだ食材が「イカ」です。

イカを美味しく食べたいという欲に駆られて、塩焼き、マリネ等々試行錯誤の上、たどり着いた料理が、今回の「ほうれん草イカベーコン炒め」です。
ファミレスなどでも定番のみんなが大好きな「ほうれん草ベーコン炒め」に、イカを加えて日本酒向けにアレンジしました。
簡単、美味しい、栄養価抜群のメニューですので、是非召し上がってみてください。

 

○失敗しないのが嬉しい「ほうれん草イカベーコン炒め」

イカには色々な種類がありますが、食べやすいサイズにさえ切れば、素材のうまさで十分美味しくなります。
今回は中ぶりのヤリイカを使い、簡単な下処理から紹介します。

イカを丸ごと使っているため、内臓についているイカ墨も利用して味にコクを与えています。
冷凍でもボイルされたものでも、そのとき手に入るもので料理してみてください。

「ほうれん草イカベーコン炒め」レシピ

材料(2人分)

horenso-ika-beconitame_material

ヤリイカ:中2杯(150g)
ホウレンソウ:3〜4束
ベーコン:50g

バター:10g
胡椒:小さじ1/4
七味唐辛子:適量

作り方

① イカの下処理
・イカは胴体に指を入れて内臓の部分を剥がしながらゆっくりと引き抜く。
・ワタの中央部分についている墨袋を破らないように剥がす。
・目の部分で切り落としてゲソを残し、胴体についている透明な軟骨を引っ張って抜く。

horenso-ika-beconitame_material2

② イカは1センチの輪切りにして軽く塩を振る。
ベーコンは2ミリ程度の短冊切り、ほうれん草は5センチぐらいに切る。

horenso-ika-beconitame_material3

③ フライパンでバターを溶かしてベーコンとイカを炒める。

horenso-ika-beconitame_material4

④ イカが白くなり火が通ったら、ほうれん草を加えて炒める。
ほうれん草がしんなりしてきたところで墨袋を入れて炒め、仕上げに胡椒をふって出来上がり。

horenso-ika-beconitame_material5

お皿の上から七味唐辛子をお好みでかけてください。

horenso-ika-beconitame

<この料理のコツ>
・塩分はベーコンの塩分、イカの味により変わりますので必ず味見をして調節してください。
・七味唐辛子は他の辛味調味料でも構いませんが、七味の複雑な味がこの料理を引き立てますので、是非お試しください。
・ベーコンはイカの味に負けないように、可能であればブロックか厚切りベーコンを使用してください。

 

○「花垣 超辛純米」と、イカ墨も加わってますます美味しい「ほうれん草イカベーコン」

どんな温度でも良いと店員さんに教えられたのですが、まずは冷やで「花垣 超辛純米」を所望します。

hanagaki_horenso-ika-beconitame

飲んでみての第一印象は力強いお酒、ということです。
超辛ということで想像していた、ピリピリするような辛さはではなく、キレの良い辛さの中に完全熟成だからなのか、古酒のような醸された香りがします。

その香りは昔ながらの日本酒が洗練されたような安心感のある、しかも綺麗な香りです。
アルコールを加えていない辛さなので、日本酒の中にあるアルコールの香りがスッと喉の奥から自然に消えて行きます。

これまでいただいた事のない超辛口純米。
いかにも日本酒好きのオヤジが好みそうなタイプです。
もちろん、私=おばさんも好みですが・・・。

お酒が進みすぎる前に「ほうれん草イカベーコン炒め」をいただきましょう。

「美味い!!」

ほうれん草ベーコン炒めだけでも十分美味しいのに、そこにイカが加わることで旨味倍増、プリっとした歯応えと味が塩分を伴って口の中に広がります。
さらにバターの乳製品の香りとベーコンの燻製の薫りが次々に現れ、美味さの2段重ねをしてきます。

そして、仕上げに七味唐辛子の山椒や陳皮などの香りが和風のスパイスとしてポンと華やかに仕上げてくれます。
イカ墨がまた良い仕事をしてコクと味に深みを与えています。
和洋の味付けの合わせ技です。

 

さて、その後の「花垣 超辛純米」はどうでしょう。
先ほどの料理で唯一口に残っていた、ほうれん草のアクがすっと流れ、古酒のような味わいと香りに透明感が加わりました。
辛さはしっかりと残っていて、その辛味が下顎のあたりに気持ちよく染み渡り、舌の先についていた七味唐辛子の刺激と重なりあって、辛みに味わいが生まれています。

ベーコンの旨味、イカの味わい、七味の味までさらに美味しくする理想的なお酒です。
また、イカやベーコンのように旨みの強い物の後でこのお酒をいただくと、柔らかい酸味が現れてきて、お酒に深みをのせてきます。
あらゆるジャンルの料理に合いそうで、外国人にも喜ばれるお酒だと思います

ついついお酒が進んでしまいますが、ここはもう一つ温めていただいてみようかと思います。

熱燗で一献

「あー、いいね〜」

寒くなってきたこの季節の体にしみます。
熱燗にしてもさっぱりとした輪郭は変わりません。
口に運べば運ぶほど、味わいの幅が広がります。

美味しいお酒と食事は、身も心も朗らかになりますね。

 

年末に向けて寒さも厳しくなり、健康と安全、景気に関する不安は簡単には払拭されませんが、明けない夜はありません。
少しでも笑顔で日々を過ごせるように、体に良いものを召し上がってストレスを溜めないようにしましょう。

どうぞ、心も体も暖かくしてお過ごしください。

 

☆ 今回のお酒を買うならこちら

花垣(はながき) 純米酒 超辛口 1800ml ≪福井県≫
花垣(はながき) 純米酒 超辛口  720ML ≪福井県≫

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

Archives

スポンサードリンク

 

ページ上部へ戻る