【家飲みレシピ】栄養たっぷりでおしゃれな「ポテサラチーズソース」とキンキンに冷やした「銀嶺月山 純米大吟醸」で日本酒の滋味を味わおう

 

こんにちは

このブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
東京在住のMです。

今回は、「銀嶺月山 純米大吟醸」と「ポテサラチーズソース」をご紹介します。

 

○今回のお酒「銀嶺月山 純米大吟醸」

10月に入りましたが、ほどよい夏日が続きますね
と、不思議なことを言いたくなる秋の今日この頃。

そこで、今回ご紹介するお酒は、山形県の月山酒造の「銀嶺月山 純米大吟醸」です。
このお酒の蔵元さんのH Pには、「雪と緑と名水の酒造」というキャッチコピーのある、雪化粧した月山のパノラマ写真が掲げられているのですが、ほどよい夏日が続く日々にぴったりの清涼感のあるお酒かな、ということで、今回はこちらのお酒をご紹介することにしました。

お酒の瓶には、「インターナショナルワインチャレンジ 主席トロフィー賞受賞」とシールが貼られています。
2014年に首席トロフィーを2021年はブロンズを受賞したそうです。

ginrei-gassan_junmai-daiginjo

ヨーロッパで認められた日本酒なので、ワインにも合うような食べ物が良いかしらとイメージを膨らませます。
「簡単調理でありながらも、栄養価が高く美味しいものを食べたい。」
「暑いので、なるべく火は使いたくない。」

となると、私が思い浮かぶのは、やっぱりお手軽ポテトサラダ
昨年秋に、こちらのブログに載せたポテサラレシピは、紫色のカラフルな物でしたが、今回はクールに白でまとめたいと思います。

シンプルなジャガイモのサラダに、濃厚でさっぱりクリーミーなチーズソースをトッピングして、おしゃれな一品に仕上げてみました。
簡単ですので、ぜひ、お試しください。

 

○たっぷり作って応用自在なソース「ポテサラチーズソース」

「ポテサラチーズソース」レシピ

材料

potato-salad-with-cheese-sauce_materials

ジャガイモ:中2個
玉ねぎ:1/8個
クリームチーズ:50g
パルメサンチーズ:大さじ1
小麦粉:大さじ1
牛乳:100cc
マヨネーズ:大さじ1 1/2
甜菜糖(砂糖):小さじ1
レモン汁:大さじ1/2
胡椒:適量
塩:適量

作り方

①ジャガイモは皮目に包丁で一周スジを入れ、軽くラップをして電子レンジで600w約8分加熱する。
加熱後はラップをしたまま蒸らしておく。

②牛乳に小麦粉を入れてよく混ぜて電子レンジで600w、1分加熱してよくかき混ぜ、さらに1分加熱してよく混ぜるととろみが出てくる。

potato-salad-with-cheese-sauce_cook

③玉ねぎは櫛形の薄切り(1ミリ程度)にして水に5分ほどさらしておく。

potato-salad-with-cheese-sauce_cook2

④②の液にクリームチーズ、甜菜糖、パルメサンチーズ、マヨネーズ大さじ1/2を加えてさらによく混ぜ冷蔵庫で冷やしておく。

potato-salad-with-cheese-sauce_cook3

⑤ジャガイモの皮は切れ目から手や竹串で剥く。

⑥ジャガイモをホイッパー(泡立て器)やフォークなどで潰しながら、残りのマヨネーズを加えてまぜて、塩胡椒で味を整え、水切りした玉ねぎを加えて冷蔵庫で冷やす。

potato-salad-with-cheese-sauce_cook4

⑦冷えたチーズソースにレモン汁と好みで塩胡椒を加え、ポテトサラダにトッピングして出来上がり。

potato-salad-with-cheese-sauce

<この料理のコツ>

・ポテトサラダの味付けは薄めに、ソースの味の仕上げは冷えてから調整してください。
・玉ねぎは歯触りを楽しむために少し厚めにスライスしてください。
・ジャガイモがボソボソしていたら、牛乳を加えてください。

 

○名水で醸された「銀嶺月山 純米大吟醸」と、サッパリクリーミー「ポテサラチーズソース」で暑い夜を涼しく

ginrei-gassan&potato-salad-with-cheese-sauce

まずは「銀嶺月山 純米大吟醸」をいただきます。
良く冷えているせいか、香りはそれほど感じません。
口に含んだ途端、「甘い?」と思いきや、ものすごいキレと舌に残る辛さを感じます

甘いと思ったのは50%まで磨き上げた「山田錦」と「出羽燦々」の味わいかもしれません。
華やかなお酒です。
まさに名水で磨かれ醸されたフレッシュなお酒と言えるでしょう。

一口、二口と飲むうちに、味わいが変わってきました。
相変わらずのキレはあるのに、山でいただく湧水のようなまろやかさが出てきます。

それでいてすっと体に染み込んでゆく心地よさと余韻があります。

 

続いて「ポテサラチーズソース」をいただきます。
クリームチーズの爽やかで優しい味わいと、ジャガイモがよくマッチしています。
キレのあるスッキリまろやかな日本酒で洗われた口中で、ジャガイモの香りと味が引き立ちます。

そこに水分をたっぷり含んだ玉ねぎはシャリっとして心地よく、甘味まで感じます。
そのポテサラをクリーミーなソースが包んで口の中で一緒に溶けてゆきます。
主張しすぎないチーズの香りが爽やかな残り香となって、もう一口食べたいと食欲を刺激します。

引き続き「銀嶺月山 純米大吟醸」をいただいてみると、先ほどまでキレを中心にフレッシュな味わいが口の中で弾けるように融合していたものが、変わりました。
最初の一口からしっかりと地に足のついた日本酒になっています。
加えて、吟醸香まで、しっかりと感じられます。

「ポテサラチーズソース」は「銀嶺月山 純米大吟醸」を主役にするお料理になりました。
これが日本酒と料理のマリアージュの「喜びと不思議」ですね。

 

今回作ったチーズソースはどの料理にも応用が効きます。
どうぞお肉に、蒸し野菜、焼き野菜等にかけてお召し上がりください。
乳製品の力で栄養価も高まり味に深みが増します。

日本酒やお料理をゆっくりと味わいながら、充実した時間をお過ごしください。

 

☆ 今回のお酒を買うならこちら

月山酒造 銀嶺月山 純米大吟醸 (限定醸造) [ 日本酒 山形県 720ml ]

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

Archives

スポンサードリンク

 

ページ上部へ戻る