【STAY HOME!ウチで楽しもう☆】バルコニーでピクニック☆バルコニックで「鼓山 純米酒」と非日常を楽しもう

 

こんにちは。

このブログをご覧いただきましてありがとうございます。
東京在住のMです。

緊急事態宣言の延長も決まり、引き続き『STAY HOME』。
自粛疲れという言葉も出てきていますが、ここはもう少し頑張りましょう。

そこで皆様もたまにはいつもと違う空間で、バルコニーでピクニック(略してバルコニック)はどうでしょう。
手の込んだ料理を作らなくても、普段のテーブルから少し場所を移動するだけで、美味しさ楽しさも各段に変わります。
我が家のバルコニーはとても狭くテーブルや椅子を並べてという訳にもいきませんが、不思議なもので部屋から足を出して空を眺めながら食事やお酒をいただくだけで、気持ちが明るくなります。

今回は我が家の定番お通し「ドライフルーツの酒粕漬」と、バルコニックの簡単メニューを紹介します。

 

○ 朝の散歩で見つけた格安「鼓山 純米酒」

最近の私は運動不足の解消のため、早朝に人気のいない道を選んで散歩をしています。
『STAY HOME』期間が続いているので、散歩もこれまで歩いたことのない道や方向にエリアが広がりました。
そのような場所で新しい景色に出逢い、発見がある、これもこの時期の貴重な経験ではないでしょうか。

さて、今回の日本酒は、そんな早朝の散歩の途中で見つけた、とある住宅地のコンビニスーパーで見つけたお酒です。
朝早い時間なので、もちろんお客さんは私一人。
店の前に並んでいた野菜の安さに思わず足を踏み入れて、酒棚に並んでいたこの日本酒の価格の素晴らしさ(約600円)に即購入。

tsuzumiyama_junmai

茨城県の明利酒類「鼓山 純米酒」です。
イオン系のコンビニで販売されているお酒です。

余談ですが、私はピクニックやキャンプなどに行く時に、こういうリーズナブルなお酒を持っていく事が多いです。
なぜならば、もちろん飲んでよし、あれっ??という時は料理に使ってよしと、視点を変えるととっても使えるお酒だからです。

 

○ 誰でも作れる「ドライフルーツの酒粕漬」

我が家で人を呼んでお家居酒屋をする時によく出すお通しは、「ドライフルーツの酒粕漬」です。
沢山作っておけば日持ちもし、時間と共に美味しさも熟成します。
混ぜるだけの簡単レシピです。

<h3>「ドライフルーツの酒粕漬」レシピ<h3>
材料
つくりやすい分量で紹介します。

dryfruits-sakekasuzuke_materials

ドライフルーツ:軽く二つつかみ
酒粕:約400g (水分量によって変わるので、ドライフルーツの量より少し多いくらいのイメージ)

ドライフルーツはお好みのもので良いです。
色々試した結果、私は味と扱いやすさから「無印良品」の「ドライフルーツミックス」に定着しました。

酒粕は、なければ市販のワサビ漬でも代用出来ます。

 

作り方
1. 酒粕はボールに入れて、水またはぬるま湯を加えながら、硬めのヨーグルトぐらいの柔らかさになるまで練る。

dryfruits-sakekasuzuke_mix

2. ドライフルーツを加え軽く混ぜ、保存用の入れ物に入れる。

dryfruits-sakekasuzuke_complete

一日漬けて、ドライフルーツに艶が出てきたら食べられますので、小皿に乗せて召し上がってください。
密閉容器で冷蔵保存すれば、半年ぐらいは持ちます。
時間と共に、ドライフルーツと酒粕が一体化して色も変化するので、その変わり具合も楽しんでください。

 

○ 簡単バルコニックセットは見た目で勝負

完成した「ドライフルーツの酒粕漬」をお通しにして、バルコニック用の食事詰め合わせを作りました。

dryfruits-sakekasuzuke_valconic

左上から時計回りに
A:ケチャップマカロニ ウインナー、ミニトマト
B:野菜スティック
C:ドライフルーツの酒粕漬
D:ほうれん草としめじの即席お浸し

です。

こちらも超楽チンレシピです。

A:ケチャップマカロニ ウインナー、ミニトマト
マカロニの種類は問いませんが、外で食べる時はつかみやすいように滑りにくい形状のものが良いと思います。
基本は茹でたマカロニにケチャップを纏わせて炒めるだけ。
主役はケチャップマカロニなので、具(今回はベーコンとピーマン)は気持ち程度の分量で小さく刻んで一緒に炒めます。

B:野菜スティック
見た通り生野菜をスティック状に切るだけ。
ソースはマヨネーズでも味噌でもお好みのものを。
マヨネーズに粉チーズを振るだけでグッと大人の味になります。

D:ほうれん草としめじの即席お浸し
私はしめじを常に冷凍してストックしています。
保存は勿論の事、キノコ類はその方が確実に美味しくなるからです。
ほうれん草も大量に湯がいて、残りは食べやすい大きさ・分量で冷凍しておいたものです。

ここで使っている出汁は市販の「ポン酢」です。
ポン酢に対して約3倍の水(冷凍しめじが全て浸るぐらいの分量)を加え、冷凍しめじを入れたらレンジで2分〜3分ほど加熱、熱くなったその汁に冷凍ほうれん草を入れれば、解凍と冷却が同時進行します。

ポン酢は水で薄めると酸味がなくなり、むしろ甘味のある出汁になることを発見してから多用しています。
是非やってみてください。

 

料理は、高さのあるカップなどに入れると意外とボリュームもあり、コンパクトに収まります(ちなみに左上の透明のカップは、100均のプリンカップです。)。
詰め合わせる箱はお重を使用すれば、「子どもの日」などのハレの日にはぴったりですね。
お菓子の箱や缶などでも、中にナプキンや紙を敷くだけでお洒落になり、しかも箱があることで食べ物の転倒も防げます。

 

○ バルコニックセットと「鼓山 純米酒」

準備ができたところで、バルコニックの開始。
「鼓山 純米酒」をいただき、日射しと風を感じながらバルコニックセットをいただきます。
ワイングラスでちょっと気取ってみました。

dryfruits-sakekasuzuke_valconic-tsuzumiyam

まずは「直詰厳封之証」と貼られた封をぐいっと開けて「鼓山 純米酒」をいただきます。
ピリッとした中に甘味のある純米酒です。
金額の安さに釣られて買ってしまったのですが、結構いい。
ハウスワインならぬハウス日本酒にしても良いかもしれません。

よく見てみれば、明利酒類は「インターナショナルワインチャレンジ、吟醸、大吟醸部門」で金賞を受賞した、非常に歴史のある蔵元です。
ラベルの葵のご紋に納得ですね。

半外で飲んでもアルコールの香りがしっかりとしてサラッとしているので、昼飲み・外飲みにはぴったりだと思います。
キンと冷やして飲めば、夏場には喉越しドライで気持ちの良いお酒になることでしょう。

 

続いては、「ドライフルーツの酒粕漬」。

酒粕の味と香りが染みたドライフルーツの程よい甘み、さらに酒粕の香りが濃厚です。
その後に飲む「鼓山 純米酒」はアルコールの香りが消えて、舌触りが柔らかくなり水のようです。
「おー、変わる変わる!」とついもう一口、日本酒の甘みをぐっと感じるようになります。

ほうれん草としめじの即席お浸し」は、冷凍されることによりしめじの味がグッと濃くなったところに、やさしい味のお出汁が染み渡っています。
お出汁にもキノコの味が抽出されていて、ほうれん草の甘味を引き出しました。
きのことほうれん草のあくや香りにより、「鼓山 純米酒」が旨味を増して来ます。

ケチャップマカロニ ウインナー トマト」と「鼓山 純米酒」は良くも悪くもお互いに全く影響しません。こういう面白さもあるのですね。
ところで、このケチャップマカロニは、家飲み、お家居酒屋の場では飲食の中盤に登場します。
子供だけでなく、男性陣もこういう味は大好きなようで、皆さんパクパク召し上がります。

最後に「野菜スティック」。
こればかりはお店で頼むよりは家飲みの方が抜群に美味い。
なぜなら、まず切り立てであることと、野菜の購入状態(新鮮さ)が分かるからです。
それよりもまず、日本酒を飲みたいというお店ではこういうものはあまり頼まないですから。

そんな野菜スティック、「鼓山 純米酒」の後にこれらを食べてみてびっくり!!
野菜がものすごく甘いのです。
おまけに野菜の青臭さも消えている。
今回の食事で一番の収穫はこれかもしれません。

「『野菜ステックと日本酒』のマリアージュ」、家飲みならではの出会いです。

 

○ 家飲みでの非日常がご馳走

最後に締めの混ぜご飯を出しました。

dryfruits-sakekasuzuke_valconic-tsuzumiyama2

今回は大根菜としらすで作った常備菜に、大さじ1程度のひき肉に小さじ1の酒と醤油を振りかけ一緒にレンジで加熱。
肉の色が変わったところでこれらを混ぜてご飯に合わせたものです。
これでなくても、残り物の煮物を刻んだり、おにぎりの元などを混ぜてもいいですね。
仕上げにごまをふりかければ、ご馳走に変身します。

このように、家にあるものや購入してきた惣菜でも、形を変えて詰め合わせる事で、豪華なバルコニックセットになります。

参考までに
「ドライフルーツの酒粕漬」は時間が経てば、ノンアルコールの人でも召し上がれますし、カッテージチーズなどで和えるとデザート風になりお子様も喜びます。
ケチャップマカロニは変わった形のショートパスタにしたら見た目が華やかになりますし、ウィンナーもたこさんウィンナーに加工するなど少し手を加えるだけで、より楽しめますね。

 

この自粛期間、どうぞ無理せずに、楽しみながら乗り越えましょう。
ご自身の体も労わりつつ『STAY HOME』「家飲み」を満喫してください。

 

「日本酒に合う料理」のレシピをこちらにも掲載していますので、ぜひご覧ください!

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

Archives

スポンサードリンク

 

ページ上部へ戻る