【海外でも日本酒の飲めるお店!】バンコクで昭和を感じられる日本酒が美味しいお店「大枡」をご紹介!

 

一年中暑いタイ(バンコク)。
その中でも特に暑い時期になるのは4月と5月です。

日中は平均37度まで連日上がり最低気温は平均29度あるため、体感的には常に30度前後の気温を感じられます。

そんな暑い国であるにも関わらず、タイは日本人にはかなり人気の海外旅行先で、2018年には約160万人の日本人がタイに訪れています。
今回はそんな日本人に大人気のタイはバンコクにある日本街の中の、美味しい日本酒が飲めるお店をご紹介して行きます。

thai_bangkok_daimasu_gaikan

 

バンコク市内にある”日本街”

thai_bangkok_nihongai

バンコク市内にはチャイナタウンと呼ばれる通りとは別に、”日本街“と呼ばれる日本人がよく行き来する有名な通りがあります。
そこには日本にあるような居酒屋やレストラン、キャバクラ等が立ち並び夜になると多くの日本人が見受けられます。
その通りはまるで日本の昭和を思わせるような雰囲気が漂っており、海外にいるのに、まるで日本にいるかのような安心感を感じさせます。

また、日本街はタイだけではなく他の国にもあるので、日本食が恋しくなったり日本人と交流がしてみたくなったりした場合はそこへ赴くと良いでしょう。
国によってはジャパンストリートとも呼ばれたりします。

ちなみに、タイにある日本街は数カ所あるみたいなので、一概にどこがおすすめとは言い難いです。
滞在先のホテルが近い場所の日本街へ行ってみるとよろしいでしょう。

 

昭和の雰囲気を感じられるお店”大枡”

thai_bangkok_daimasu_gaikan

今回訪れたのは、こちらの「大枡(だいます)」と呼ばれる日本食の居酒屋。
店内は居酒屋というよりは、ホルモンがメインの焼肉屋さんといった感じですね。

このお店の立て構えだけ見ると、普通に日本にありそうなお店です。
これだけみても昭和を感じさせるような雰囲気ですが、店内に入るとそこはもうまるで日本でした。

thai_bangkok_daimasu_tennai

この日は平日の早い時間だったということもあって、まだお客さんは少なめでした。
店内には欧米人とタイ人のグループが、ホルモンを頬張りながら美味しそうにビールを飲んでいます。

内装の壁を見ると昭和の時代を思い浮かべさせるような、張り紙が所狭しと貼られていました。
レジの近くには懐かしい、日本の駄菓子屋さんでよく見かける、お菓子も販売されています。

thai_bangkok_daimasu_tennai4

また、働いているスタッフさんたちは全て現地のタイ人で、厨房でもせっせとタイ人の料理人の方が焼き鳥を焼いたり、仕込みをしたりされていました。

 

“大枡”で頂いた日本酒「裏・雅山流 香華」

thai_bangkok_daimasu_menu

席についた後すぐにメニュー表をもらい、日本酒の欄を眺めていると気になった銘柄があったのですぐに注文。
大枡(おおます)では上の写真の日本酒が飲めるようになっていますが、この日は「裏・雅山流 香華(うらがざんりゅう・こうか)」を頂きました。

個人的にフルーティーで辛味がなく飲みやすいタイプの日本酒が好みなのですが、「裏・雅山流 香華」は日本酒を普段あまり飲まない方にもおすすめできる、とても飲みやすいお酒です。

thai_bangkok_daimasu_ura-gazanryu

「裏・雅山流 香華」の味としては、飲み飽きないスッキリとした味わいで辛みは全くなく、甘口。
女性にもおすすめできる日本酒ですね。

また、インターナショナル・ワインチャレンジ2009・2010で連続して最高金賞を受賞している日本酒なので、味のクオリティーは保証されています。
製造元は山形県にあり、山形の地酒としても有名な日本酒です。

 

“大枡”で頂いた料理

そしてこの日頂いた料理は、お店のおすすめメニューに載っていた「マグロのわさび漬け」。

thai_bangkok_daimasu_maguro-wasabizuke

まさに居酒屋メニューの定番といっても過言ではないこちらの料理なんですが、私にはちょっとわさびが効きすぎているように感じらました。

日本酒との相性は抜群なので、合わせて頂くととても美味しかったですね。

 

次に頂いたのは「きゅうり漬け」。

thai_bangkok_daimasu_kyurizuke

日本で少し前に流行った、メイソンジャーに野菜とドレッシングを入れてシェイクする料理ですね。
瓶に入った状態で渡されたので、振ってから頂きました。
こちらも日本酒にはバッチリ合います。

 

thai_bangkok_daimasu_hormonyaki

3つ目に頂いたのは、” 大枡”の目玉商品である「ホルモン焼き(塩)」。
こちらは日本酒というよりも、ビールが欲しくなるお味です。

まさかタイにまで来て、ホルモン焼きが食べれるとは思いもしませんでしたが、かなり美味しかったですね。

 

thai_bangkok_daimasu_hormon-misonikomi

最後に頂いたのは「ホルモンの味噌煮込み」。
味噌の濃い味が具材に染み込んでいて、日本酒との相性も最高にマッチしていました。
正直、日本の白米が欲しくなるお味です。

 

バンコクで昭和を感じられるお店でマッタリと

海外にいながら日本の昭和を感じさせるレトロな居酒屋で、まったりと過ごすのもまた良いもの。
実際にタイ(バンコク)で働いている日本人の多くも、ここへよく飲みに訪れるそうです。

日本では年号も代わり「令和」となりましたが、タイで懐かしい「昭和」の時代を思い出したい時は是非ともこちらのお店をご活用ください。

美味しい日本酒とホルモン焼きがあなたを歓迎してくれます。

<店舗情報>

• 店名:大枡
• 住所:9 3 Soi Than Tawan, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
• 営業時間:17時30分~1時00分
• 定休日:年中無休
• HP:https://www.facebook.com/shichirinizakayadaimasu/

 

☆ 今回のお酒を買うならこちら

裏・雅山流 香華 生詰 1800ml

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

Archives

スポンサードリンク

 

ページ上部へ戻る