【福岡・天神】予約殺到!日本酒の種類が豊富な「炉端 百式」をご紹介!

 

こんにちは!
世界を旅する日本酒ライターTAKUMAです!

私の地元は九州なのですが、その中でも特に食べ物が美味しい場所といったら「福岡県」がよく挙げられます。

今回はそんな福岡県の中でも若者に人気の天神エリアにある、とても有名な居酒屋「炉端 百式」を取材してきました。
福岡で美味しい日本酒が飲めるお店をお探しの方は、是非、参考にしてみてください。

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_tennai

 

天神で日本酒の種類が豊富な「炉端 百式」

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_gaikan

今回訪れたこちらの「炉端 百式」はとても人気のお店で、予約しないと平日・休日ともにお店にはまず入れません

この日は予約をしていなかったので開店10分前に訪れて、座れることを祈りながら開店待ちのお客さんの列に並んでいたのですが、幸い、座ることができて本当に良かったです。
お店の外で待っている間は他のお客さん達と雑談していたのですが、中には神奈川県から訪れた方もいて本当にびっくりでした。

博多のグルメだと、ラーメンや屋台のイメージが強いですが、その他にも沢山の美味しいお店が存在しています。
今回はその中でもとても有名な「炉端 百式」で、是非とも日本酒の飲み比べをしてみたいと思い訪れたわけです。

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_tennai2

開店と同時に店内のカウンター席へ案内されました。
私は予約をしていなかったので制限時間を90分までと言われて席に着きました。

店内はスタッフさんたちがとても活気の良い声を出して出迎えてくれます。
席の前にはオープンキッチンが広がっており、まさに居酒屋といった感じです。

席に着くなりお店のシステムに関して説明されたのですが、「炉端 百式」ではアルコール類は自分で注ぎに行くと50円割り引いてくれます

その際にドリンクコーナーの近くにいるスタッフに声をかけて、どのような種類の日本酒が飲みたいのか伝えると、日本酒セラーから日本酒の瓶を出してくれます。

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_tennai3

自分でお猪口を適当に選び日本酒を注ぎ終わったら、”おはじき”が置いてるのでそれを席の前にある自分のおはじき入れに入れるというシステムです。
このおはじきが一つ50円引きとして会計時に計算されるので、必ず席まで持ち帰るようにしてください。

日本酒は、全国各地の美味しい銘柄が沢山用意されているので、必ずあなたの好みの日本酒も見つかるはずです。

 

炉端 百式で日本酒の飲み比べ

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_menu

私も早速席について日本酒のメニューを開きました。
上の写真のように沢山の日本酒の銘柄があり、正直どれにしようかかなり迷いました。

毎回出来るだけ、今まで一度も味わったことがない日本酒を頼むようにしているのですが、今回は以下の3つを注文することに。

• 赤武 純米ひやおろし
• 古伊万里 前(さき)
• 山城屋 Matured

 

赤武 純米ひやおろし

akabu_junmai_hiyaoroshi

こちらは岩手県盛岡市で作られている日本酒で「赤武 純米ひやおろし」です。
日本酒のラベルデザインがとてもカッコイイので、一目で分かりますね。

製造元は赤武酒造株式会社となっており、低温貯蔵でゆっくりと熟成させて作られた日本酒です。

気になるお味の方は、ドライな飲み心地と、しっかりした米の旨味を感じさせる味になっています。
実りの秋にぴったりの日本酒といえますね。

 

古伊万里 前(さき)

koimari_junmaishu_saki

次に頂いた日本酒は、筆者の地元、佐賀県伊万里市で作られている古伊万里酒造有限会社の「古伊万里 前(さき)純米酒」です。

伊万里市は陶器が盛んな街であり、伊万里焼がとても有名な街です。
日本酒を頂く際に欠かせない酒器なども、沢山作られている街でもあります。

味の方は、辛さの中にも米の旨みを感じる味となっています。
食中酒にはもってこいの日本酒の一つですね。

 

山城屋 Matured

yamashiroya_matured

最後に頂いたのは、赤い瓶の色が特徴的な日本酒「山城屋 Matured」です。
こちらはメニューには載ってない日本酒だったにも関わらず、店長さんがわざわざ栓を開けて持ってきてくれました。

「山城屋 Matured」は、新潟県長岡市で作られている日本酒の一つで、製造元は越銘醸株式会社です。
「山城屋」というお酒には、「スタンダードクラス」「ファーストクラス」「スペシャルクラス」と3つの種類があります。
それぞれ純米大吟醸酒なのですが、「山城屋 Matured」はこの3つのクラスを特別に調合して造られた、特別なお酒です。

気になるそのお味ですが、純米大吟醸が特別調合されているということもあってか、かなり爽やかでフルーティな味わいとなっています。
お酒が苦手な女性にもおすすめできる、とても飲みやすい日本酒ですね。

 

炉端 百式で日本酒合うおすすめメニュー

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_menu2

「炉端 百式」は、提供される料理がとても美味しいということで評判のお店です。

私もお料理にかなり期待していました。
結論からいうと期待以上の美味しい料理を頂くことができました。

今回は日本酒に合いそうな料理に絞って、以下の4品を注文しました。

• 塩田屋直伝 パリパリピーマン
• 大分県中津江村 特大しいたけのトリュフバター醤油焼き
• 秋刀魚の塩焼き
• 本マグロのカマトロ炭火焼き

なお、注文する際の注意点として焼きもの系のメニューは焼くのに時間がかかるので、最初はすぐに出てくるものをスタッフに聞いてから頼むとよいと思います。

さて、以下からそれぞれの料理と日本酒の相性を簡単にご紹介しますね。

 

塩田屋直伝 パリパリピーマン

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_paripari-piman

最初に頂いたのは福岡県内で栽培されている、とてもフレッシュな生のピーマンです。

隣に添えてあるのは自家製の肉味噌です。
これだけで最初の日本酒「赤武 ひやおろし」と一緒に頂きましたが、とても美味しかったです。

ピーマン自体にはお塩が振られており、とても冷えていたのでシャキシャキした食感が堪りませんでした。

 

大分県中津江村 特大しいたけのトリュフバター醤油焼き

次に頂いたのは大分県中津江村で栽培されている、特大しいたけのトリュフバター醤油焼きです。

写真、も載せようと思ったのですが、手ぶれがひどかったために掲載は断念しました。残念です。

この時合わせて頂いた日本酒は「古伊万里 前(さき)」でしたが、一緒に頂くことでしいたけの旨みをしっかりと引き出してくれてとても美味しかったです。

 

秋刀魚の塩焼き

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_sanma

3つ目に頂いたのは、旬の魚でもある「秋刀魚の塩焼き」です。

シンプルな味付けとなっているため、一緒に頂いた日本酒「古伊万里 前(さき)」との相性もよく、日本酒の辛味がアクセントとなって食欲を刺激されました。

秋の食材を堪能できて本当に良かったです。

 

本マグロのカマトロ炭火焼き

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_honmaguro-kamatoroyaki

最後に注文したのがこちらの「本マグロのカマトロ炭火焼き」です。こちらは数量限定となっており、お店のメニューの中でも特に大人気の品の一つ。

合わせて頂いた日本酒は「山城屋 Matured」でしたが、一緒に頂くことでより料理の旨みを引き出してくれてとても美味しかったです。

 

まとめ:天神で日本酒の種類が豊富な「炉端 百式」をご紹介!

fukuoka_tenjin_robata hyakushiki_menu3

「炉端 百式」は博多の中でも大変有名なお店です。
連日店内は満席に近い状態となっていますが、予約すれば必ず座れるので、ご利用の際には是非とも予約してから行ってみてください。

また、予約できなかった場合は開店前に早めに行くと、私のように奇跡的に座れることもありますので、是非ともチャレンジしてみてくださいね。

天神エリアで美味しい日本酒が飲めて美味しい料理が食べれる居酒屋をお探しの方は、是非とも炉端 百式へ行ってみてください。

 

☆ 今回のお酒を買うならこちら

AKABU 純米ひやおろし 720ml【赤武酒造】
古伊万里 前(さき) 純米酒 720ml

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

Archives

スポンサードリンク

 

ページ上部へ戻る