大阪・大国町の「灯」で絶品串焼きと島根の銘酒「超王祿」を

 

こんばんは。日本酒大好き大阪の特派員Iです。
今回は、難波から一駅毎年今宮戎で賑わいをみせる大国町にあるジャズの流れるモダンな焼き鳥屋さんに突入です。

osaka_daikokucho_akari_gaikan

 

〇 創作串・酒肴が楽しめる焼鳥屋「灯(AKARI)」

お酒好きな後輩夫婦に、美味しいし、雰囲気も良いよと勧められ前から気になっていたお店「灯(AKARI)」さん。
大国町駅から徒歩5分くらいのマンションが立ち並ぶ住宅街にひっそりと佇んでいます。
パッと見はBAR?と間違えてしまいそうな外観ですが、提灯にはしっかり「地鶏と野菜」とあります。

osaka_daikokucho_akari_gaikan2

店内も外観同様、白を基調にし、灯も落としめ(灯落としめは助かります 笑)。
ジャズや洋楽が流れていて、落ち着いて食事とお酒を楽しめる雰囲気です。

カウンター席で店主の仕事っぷりを見ながら一人や二人でまったり飲むのも良し、テーブル席で4〜5人くらいで女子会などでも使えそうな雰囲気抜群のお店です。
今回は珍しく一人呑みではなく主人と。
と言っても私のほうが先に仕事が終わったので、待ちきれない私はお先にお店にお邪魔して一杯飲みながら主人を待ちます。大阪人気質ここにあり(笑)

 

〇 島根の銘酒「『超』王祿」

まずは、日本酒メニューを。
日本酒メニューはボードに手書きです。

osaka_daikokucho_akari_menu

前から気になっていた島根県の王祿を注文します。

cho-ouroku-jikakumi

いつものごとくまずは肴なしでお酒だけを。
お酒だけの味を純粋に楽しんでからお酒に合う肴を決めたいので。(単なる酒飲みとも言いますが笑)

まずは、一口。(写真は撮り忘れましたが、洋風なグラスに注がれました。お洒落―♡)
シャープな切れ味の後に芳醇な旨味が後から追いかけてきます。
和食はもちろん洋食にも合いそうな日本酒です。
だから洋風なグラスに注がれて出てきたのかな?

そんな和洋折衷王禄に合わせるお料理は。。。
ふふふっ、後のお楽しみです^^

まずは、ベジファースト。
前菜生野菜の盛り合わせを摘みながら、王禄に合わせて注文した串と肴を待ちます。(もうすぐ到着する主人の分もついでに笑)

osaka_daikokucho_akari_namayasaimoriawase

生野菜に添えられた辛味噌が絶品!
甘さ控えめ、ピリ辛旨味推しな日本酒にぴったりな辛味噌です。
この辛味噌のおかげで生野菜が立派な日本酒の肴に。

 

。。。あっ、主人が到着しました。
日本酒が好きな主人も王禄を。
「お疲れ様―。」と乾杯し生野菜をつまんでいたらほどなくして王禄に合わせて注文したお料理が運ばれてきました。
店主さんのサーブのタイミングが素晴らしすぎます!

 

〇 創作串&酒肴と王祿

まずは創作串。

osaka_daikokucho_akari_kushiyak 

osaka_daikokucho_akari_kushiyaki2

osaka_daikokucho_akari_kushiyaki3

osaka_daikokucho_akari_kushiyaki4

順に、『笹身わさび焼き』『バジル(せせり)』『砂ずり+α(主人の注文)』『バジル(主人)』『笹身梅しそ巻き(主人)』です。

まずは、笹身わさび焼きを。
炭火の香ばしい香りがたまりません。
笹身だけど火の通し加減が絶妙でしっとりプリプリで噛めば噛むほど肉の旨味が感じられます。

上に添えられたわさびは茎わさびで、辛みと香りが良く鼻にツーンとくるのがたまりません。
ツーンときたところで、王禄を。
茎わさびの辛みが王禄のシャープな切れ味をより際立たせてくれます。

最高の組み合わせ。
お酒を飲むピッチも上がってしまいます。
王禄おかわりくださーい♡

次は、一番気になってたバジル(せせり)を。
最初、注文の際に塩焼きなどもできますがと店主さんに言われましたが、王禄を飲んだ瞬間にこれはオリーブオイルなどと合うだろうなと思ったのでバジルのほうで。

フレッシュバジルを使用のオリーブオイルが香るジェノベーゼソースを纏ったせせりは和でもイタリアンでもあります。
焼いてもバジルの甘く気品のある香りがふわっと香って美味しすぎます!
せせりも弾力があり肉汁溢れてジューシィ。

予想した通り、王禄との相性もバッチリ💯
オリーブオイルの癖のある香りとバジルのフレッシュな香りが、王禄の芳醇な旨味をより一層際立たせてくれます。何本でもいけるし、何杯でも飲めちゃいます♫
主人も注文した串の中で一番気に入ってました。

もう一杯づつ飲みたいなというところで(ちなみにバジルを3本づつ追加注文して王禄を楽しみながらペロっといただきました。食いしん坊万歳!)、ちょこっと摘める酒の肴クリームチーズのたまり醤油漬けを。

osaka_daikokucho_akari_creamcheeze-tamarishoyuzuke

チーズって和のテイストとも抜群に合いますね。
家飲みでもクリームチーズと奈良漬を海苔で巻いて日本酒のお供によく頂いてます。
たまり醤油の濃厚なコクがしみたクリームチーズは日本酒泥棒。
あっという間に王禄も空っぽに。

ご馳走さまでした。
たまには夫婦二人飲みも良いですね。
日本酒と食べ物についてゆっくり語れました(笑)

以上、現場からでした。

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連したお店

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Language

  • ja

Archives

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る