温泉の街、武雄市の「一心」で佐賀の銘酒に酔いしれよう!

 

こんにちは、食べ歩きが大好きで国内外様々な飲食店に行くことが趣味の”TAKUMA“です。
今回は、私の地元「佐賀県」にある温泉の街として有名な武雄市の美味しい日本酒を提供している居酒屋さんについてご紹介したいと思います。

佐賀県を訪れた際には、是非ともお立ち寄り下さいませ。
それではどうぞ!

 

〇 海外の観光客にも日本酒を楽しんで頂けるお店「一心」

佐賀県武雄市と言えば、「武雄図書館」や「武雄の大楠」「武雄神社」などが有名で、今では国内外沢山の観光客が訪れているところです。
特に、この中でも人気なのが「武雄図書館」で館内では図書の貸し出しは元より、スターバックス、パンケーキ屋等隣接されており新書も読み放題となっていますよ。

そんな佐賀県武雄市の、美味しい日本酒を海外の観光客にも気軽に楽しんでもらおうと、武雄駅の近くに大きく目立つ赤提灯の居酒屋さんがあります。

こちらが、今回ご紹介する美味しい日本酒が置いてある”一心“です。
武雄温泉で入浴した後に、こちらの居酒屋でお世話になりました。

赤い提灯が目印になっており、訪れた人には一目で分かるようになっていますね。
場所も、武雄市役所の近くにあるのでとても分かりやすいです。
また、海外の観光客も多く訪れており時間帯によっては国際色豊かな居酒屋さんに様変わりします。

 

〇 佐賀県を代表する銘酒を取り揃え

一心には、佐賀県を代表する銘酒「鍋島(なべしま)」「七田(しちだ)」「前(さき)」等が取り揃えてあります。
佐賀県の日本酒の特徴としては、ワインの様なフルーティーで味わい深く比較的飲み易いのが多いとされています。
特に、女性なんかで白ワインが好きな人には大変人気があり、毎年佐賀県の各地の酒蔵で行われている「酒蔵祭り」なんかでは多くの観光客が訪れていますね。

今回私は、佐賀県のお酒「宗政(むねまさ)」を頂きました。

日本酒がそこまで好きではない人には、ちょっとキツめの焼酎みたいに感じるかもしれませんが、日本酒通の方ならとても味わい深くて好きになること間違いなしの日本酒です。
味としては、とても甘く最初の一杯としてはとてもおすすめです。

また、飲み方としては今回は冷やで頂いて温泉上がりの火照った体を日本酒で冷やしました。
付け出しに、煮物を頂きましたがとても日本酒との相性が良かったですね。

 

〇 地酒に合う定番の居酒屋メニューの数々

大概の日本酒には、やっぱり魚料理がとてもアテとしては合うと言う事で日本酒好きなら絶対頼むであろう「ホッケ」と「塩焼き鯖」と「お刺身の盛り合わせ」を頂きました。
居酒屋さんということもあり、日本酒に相性の良さそうなメニューばかり取り揃えてありますので、外れることはまずありませんね。

<ホッケの炭火焼>

<塩サバと大根おろし>

<お刺身の盛り合わせ>

どれも、日本酒がとてもすすむお品ばかりです。
また、佐賀県では、特に干潟が有名で有明海で採れる「くちぞこ」や「ムツゴロウ」といった珍味もありますので是非とも機会があれば食してみて下さい。

その他にも、エイリアンと言われている「ワラスボ」なんかも干物にして炙って食べると、日本酒の香りがとても引き立ちワラスボの苦味と相待ってとても奥深い日本酒の味をご堪能いただけます。
また、お土産にもおススメです!

 

〇 まとめ:佐賀県の温泉と日本酒を堪能しよう!

佐賀県には、数々の酒蔵が点在しており各地にはそれぞれ特徴のある美味しい日本酒が作られています。
今回ご紹介した武雄市にも酒蔵がありますので、そちらを見学に訪れるのも面白いかも知れませんね。

もし、佐賀県武雄市に行く機会がありましたら、「居酒屋 一心」で美味しい日本酒とお料理を頂いてみて下さいませ。

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連したお店

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Language

  • ja

Archives

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る