【大阪・難波】久富千日プラザビル第三弾!「焼きとん仁家」の絶品豚串と「杜の蔵 二の矢」

 

こんにちは。
大阪の特派員Iです。

本日ご紹介するお店は、大阪ミナミの飲兵衛の聖地!
久富千日前ビルの二階にある、関西人気急上昇中の焼き鳥ならぬ焼きとんが絶品の「焼きとん仁家」さんをご紹介したいと思います!

osaka_nanba_yakiton-jinya_gaikan

 

○ 久富千日前ビルの焼きとん屋「仁家」

アクセスは大阪メトロ各線難波駅&近鉄&南海難波駅から徒歩5分圏内。
路地裏に魅力的なお店が満載の酒呑みパラダイス、裏千日前エリアのこの看板が目印です。

osaka_nanba_sennichiplaza

階段を上がってすぐ右手奥に…

本日ご紹介させていただく仁家さんはあります♫

osaka_nanba_yakiton-jinya_gaikan

実は前回このビルを訪問した時に、次はこのお店だ!と決めていました♡
私、お肉全般が大好きなんですが、お肉の中でも特に豚肉が大好物でして…
今日は豚肉と大好きな日本酒をとことん楽しむぞー!と勇み足で早速入店。

店内は、カウンター席を中心にスタンディングスペースも。
1人でサク呑み〜グループでワイワイ立ち飲みまで色々楽しめます。
店員さんも気さくで良い感じです♫

開店早々の早い時間に訪問させて頂いたので、カウンターの一番良い席…
焼き場の真前の特等席です。
炭火の香りだけでお酒が進んじゃいそうな予感(笑)

 

○ 本日の日本酒「杜の蔵 二の矢」

早速日本酒メニューを。
店員さんの日本酒愛がヒシヒシと伝わってくる、手書きの素敵なメニュー。
豚のイラストがなんとも可愛らしい。

osaka_nanba_yakiton-jinya_menu

本日の日本酒は、、、「杜の蔵 二の矢 純米酒」(福岡県)

morinokura-ninoya

豚肉ちゃんを堪能する前に、まずは一口。

仕込んでいる水の軟らかさと米の優しい甘みが口に広がり優しさに包まれます。
ほんのり酸味も感じられ後味はスッキリで飲み過ぎ注意なスイスイ呑めちゃうお酒。
豚肉料理との相性も抜群間違いなし!

ペアリングする事により、豚肉の旨味をどう広げてくれるか?
そして二の矢の味わいもどう変化するのか?
楽しみです♫

 

○ 「仁家」のメニューと一品目「豚タンのお造り」

こちらは料理メニューです。

osaka_nanba_yakiton-jinya_menu2

豚肉料理パラダイスです♡
豚肉好きにはたまらないラインナップ♡

この中から選んだ本日の一品目は、

osaka_nanba_yakiton-jinya_menu3

豚タンのお造り」です。

osaka_nanba_yakiton-jinya_buta-tongue-otsukuri2

画像では違いが分かりにくいですが、左がポン酢で右が醤油です。
醤油は九州醤油。ほんのり甘くてお刺身全般との相性が良いんですよ。

まずは九州醤油で。

パサつきは一切なくしっとり柔らか。
旨味もギュッと濃縮されてます♫
しっとり柔らかなのに、タンならではの歯応えもちゃんと残っていて絶妙な火加減。

九州醤油の優しい甘みも豚タンの旨味を上手に引き立ててくれて💯
これは、間違いなくお酒が進むやつです!

ってな訳で満を辞して二の矢をクイッと。
二の矢を単体で頂いた時より、より柔らかさとまろみが感じられます。

九州醤油の優しい甘みと二の矢の米の甘みが見事に掛け算されますね♫
豚タンの旨味がさらに増してたまらない美味しさです!

ポン酢で頂くと、柑橘系の酸味が二の矢の酸味と合わさって甘酸っぱくフルーティーな味わいに変化しこれまた違った味わいが楽しめて一皿で二度美味しい!
やめられない止まらない美味しさでグラスが秒で空に(笑)

 

○ 2品目「やきとん」

2杯目こそは、大人の女性らしくゆっくり上品に頂こうと心に決め(多分無理ですが笑)お酒のお代わりと豚タンのお造りでちびちびやりつつ、次のお料理…
焼き物を何串か頼む事に。

焼き物を待っている間、炭火の香りと豚の脂の食欲をそそる香りがたまらなくて、香りを肴にクイッと飲み干してしまいたい衝動に駆られました(笑)
グッと堪えてるところに待望の焼き物が…

osaka_nanba_yakiton-jinya_kashira

カシラ」です。
まずは一口…

独特の歯応えがたまりません!
噛めば噛むほど肉の旨味がしっかり感じられて◎
九州醤油ベースの甘辛いタレとの相性も抜群です!

気になる二の矢との相性は、もちろん最高!
焼き物と合わせる事により、二の矢が純米酒の本領を更に発揮!
料理の邪魔をせず、素材本来の旨味を上手に引き出してくれて、最後はまろやかさで優しく包んでまとめてくれます。

はー、たまらない!ってな訳でお代わりくださーい!
さっきの誓いはどこぞへ?と言った感じですが、美味しいものには逆らえませんので(笑)

お代わりとほぼ同じタイミングで

osaka_nanba_yakiton-jinya_tetsu

テツ(直腸)」が。
程よくついた焦げ目が良い感じ。
表面のカリッとした食感とホルモンのプリッとした弾力のコントラストがたまりません!

二の矢と一緒に頂くと味に奥行きが出ます。
炭火の香ばしさが鮮明になり、焦げ目の微かな苦味が二の矢の甘みと酸味を引き立ててくれるのか、まるでラムネを含んでるかのような清涼感と優しい甘みが口の中に広がりスゥーッと消えて爽快♫

二の矢の爽快感とホルモンの旨味に酔いしれているところにやって参りました。
一番食べたかった本日ラストを飾る待望の3串目が…

osaka_nanba_yakiton-jinya_butabara

みんな大好き「豚バラ」です。
脂ブリンブリンでそそられます♡

二の矢と共にいざ。
脂の甘みでお酒本来の味わいがダイレクトかつ豊潤に感じられたまりません!

焼きトンと日本酒の組み合わせ…最高です!

大好きな豚肉をこんなにおいしく料理してくれて、その上、その料理と相性ピッタリの日本酒をメニューに選んでくださったお店の方に感謝です!
ご馳走さまでした。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたしますます。

 

  もしお気に入りいただけましたら、投げ銭などしていただけると、大変、嬉しいです♪
投げ銭
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連した銘柄

関連記事

コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

Archives

スポンサードリンク

 

ページ上部へ戻る