データベース項目について

千代むすび おやじ極楽純吟(鳥取県)

oyaji-gokujo-jungin
特定名称 純米吟醸酒 
タイプ  
原料米
精米歩合 50%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度
濃淡 やや淡麗 
甘辛 やや甘口 
味のタイプ 薫酒 
oyaji-gokujo-jungin
特定名称 純米吟醸酒 
タイプ  
原料米
精米歩合 50>%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度
濃淡 やや淡麗 
甘辛 やや甘口 
味のタイプ 薫酒 
蔵元 千代むすび酒造株式会社
産地 鳥取県 
醸造方法  
使用酵母
おすすめの飲み方 冷や 
最終更新日(2019/5/12)

蔵元のコメント

 

酒サーチ!レビュー

【蔵元について】
このお酒を造っている「千代むすび酒造」さんは、鳥取県境港市にある酒蔵さんです。
しばらく前にNHKの朝ドラで「ゲゲゲの女房」が放送されたときに有名になりましたが、鳥取県境港市は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるさんが育った街です。
その中心にある境港駅から、東にある本町アーケードまでの全長約800mの通りには「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪のオブジェが設置されていて、「水木しげるロード」と呼ばれています。
「千代むすび酒造」さんは、この水木しげるロード沿いにある酒蔵さんで、その縁から、こちらのコラボ商品は作られているようです。

【銘柄について】
「極楽」とやや大きめに書かれた文字の下では、目玉の親父が茶碗のお風呂に浸かっていて、「極楽」感を伝えてくれます。
瓶の裏には、鬼太郎との会話が書かれていて、

おやじ「嗚呼、いい湯じゃ。ところで鬼太郎、ふろからあがったら、例の酒用意してくれんかのう。」
鬼太郎「とうさん、あの秘蔵のお酒ですか。」
おやじ「そうじゃ、この世のものとは思えぬあのうまい酒じゃ。ふろのあとあれを飲(や)るこの世の極楽じゃ」

と言っています。

【味わいについて】
香りは、フルーツ、特にメロンのような甘い香りがします。
そして味わいは、その香りから想像されるようなやや甘い味がします。

飲んだ時は少しだけアルコール感があって、淡麗な感じ。おいしいです。
そして、後からもう少し強いアルコール感がふわっとやってきます。

こちらの「おやじ極楽純吟」は『お酒』感がしっかりとあり、そのうえで甘い・旨みがあるので、たしかに、『極楽』な旨いお酒です。

【マリアージュ】
「チェダーチーズ」
私たちが「チーズ」として覚えている、塩気のある、ミルクの深みのある味がおいしいチーズです。

「おやじ極楽純吟」と合わせてみると、お酒とチーズが重なりあって、チーズの塩味や旨みを引き出してくれます。
旨みとお酒感が調和しているこのお酒は、乳製品の独特な味を持ち、その味がそこそこに強いチェダーチーズとタイプが似ているため、相性が良いように思われます。

 

購入先リンク

おやじ極楽純吟 1800ml
おやじ極楽純吟 720ml

関連記事

レビュー

 

Language

  • ja
  • en

Archives

スポンサードリンク

 

 

 

ページ上部へ戻る