データベース項目について

醸し人九平次 純米大吟醸 human(ヒューマン)(愛知県)

特定名称 純米大吟醸酒 
タイプ  
原料米 山田錦
精米歩合 45%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度
濃淡  
甘辛  
味のタイプ  
特定名称 純米大吟醸酒 
タイプ  
原料米 山田錦
精米歩合 45>%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度
濃淡  
甘辛  
味のタイプ  
蔵元 株式会社萬乗酒造
産地 愛知県 
醸造方法  
使用酵母
おすすめの飲み方  
最終更新日(2018/12/17)

蔵元のコメント

「男性でも女性でもない。国境や民族や文化でもない。そんな、すべての境界を飛び越えていける日本酒でありたい。」
そう志して醸しました。
軽やかに、高らかに、笑い声が降り注ぐ。 そんな純米大吟醸になりました。

【テイスティングノート】
梨やピンクグレープフルーツの香り、アニスの香りが調和しています。

とろりとした濃密さを感じますが、フィニッシュへ向けてさらりとした舌触りに変わり、そのまま軽快で切れのいいフィニッシュを向えます。

そのためはっきりとした輪郭と、さわやかさが共存しています。
そのため舌も疲れず、1本を長時間にわたって楽しむことができます。

フレッシュさが微かな苦味を与えており、それがかえって濃密な甘さを引き立て、目を離せない魅力となっています。

【マリアージュ】

・ハモの炙り、梅肉と紫蘇のスープ
ハモと梅肉という定番の組み合わせを、フレンチで仕立てた一皿です。
ハモは淡白そうに見えて、意外と旨味と脂を持っています。

夏ならではの食材ですので、爽やかなタイプのお酒を合わせるのはもちろんいいでしょう。

ただ、爽やかなだけでなく、芳醇な香りとミネラル感のあるお酒なら、さらにハモの旨味が感じられるはずです。

・イカの印籠づめ
小イカにシャリを詰めた、伝統的な江戸前のお鮨ですが、味わえるお店も少なくなっているようです。

何と言っても、プリッとして、スッと歯が入り、つるっとした小イカの滑らかさがたまりません。
この食感を損なわないためにも、つるりと上品な human がぴったりです。

またツメの甘さ、シャリに混ぜられたゴマの香りともよくマッチします。
お鮨と、お酒の食感が合ったときの美味しさは格別です。

・ムール貝の酒蒸し
ムール貝の楽しみは、濃厚な海のスープを味わえることです。
これに酒を合わせるには少し注意が必要です。

軽快なだけの酒ではもの足りませんし、重厚すぎればただ重いだけの食事になりがちです。
ムールの酒蒸しは、生クリームやバターを加えることで更にコクが増します。
これには、なめらかなアタックで、酸も豊かなhumanがよく合います。
フレッシュで、余韻に残る酸がきれいなため、いつまでも上品にムールの旨みを楽しめます。

 

酒サーチ!レビュー

 

購入先リンク

醸し人九平次 human (ヒューマン) 純米大吟醸 山田錦45% 1800ml
醸し人九平次 human (ヒューマン) 純米大吟醸 山田錦45% 720ml

取り扱いのあるお店

レビュー

 

Language

  • ja
  • en

Archives

スポンサードリンク

 

 

 

ページ上部へ戻る