遥香 純米酒(福島県)

  • 2018/11/20

銘柄の情報

銘柄 蔵元 特定名称 タイプ
遥香 末廣酒造株式会社 純米酒   
原料米 精米歩合 使用酵母 醸造方法
夢の香 65  
濃淡 甘辛 味のタイプ おすすめの飲み方
      冷や 
アルコール度数 日本酒度 酸度 アミノ酸度
15 3 1.5
銘柄 遥香
蔵元 末廣酒造株式会社
特定名称 純米酒 
タイプ  
原料米 夢の香
精米歩合 65
使用酵母
醸造方法  
濃淡  
甘辛  
味のタイプ  
アルコール度数 15
日本酒度 3
酸度 1.5
アミノ酸度
おすすめの飲み方 冷や 

蔵元のコメント

 

酒サーチ!レビュー

・開発の経緯
このお酒は、全国の地酒の販売店が集った地酒屋研究会の遥香会が消費者や飲食店にアンケートをとって、顧客が求めている酒の味わいを調べ、その結果を元にして、会津若松市の末廣酒造さんに製造を依頼して造られたお酒で、末廣酒造が試作、遥香会の会員が試飲を重ねて完成しました。
そのため、このお酒の銘柄名は、研究会の名前をとって「遥香」と名付けられています。

また、酒米には福島県産のオリジナル酒造米「夢の香」を使用しています。
この酒米は、福島県独自の品種を開発しようと、平成元年に福島県の農業試験場にて、水稲の育種をスタート。
八反錦1号と出羽燦々を交配し、2000年に「夢の香」と命名、2003年に正式登録されたものです。

・味わいについて
フルーティーな印象の味わいです。
燗よりも冷やで飲んだ方がフルーティーな印象がはっきりしてきて、個性が出てくる感じがします。

 

関連記事

取り扱いのあるお店

レビュー

 

Language

  • ja

Archives

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る