データベース項目について

醸し人九平次 純米大吟醸 彼の地(愛知県)

特定名称 純米大吟醸酒 
タイプ  
原料米 山田錦
精米歩合 40%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度
濃淡  
甘辛  
味のタイプ  
特定名称 純米大吟醸酒 
タイプ  
原料米 山田錦
精米歩合 40>%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
アミノ酸度
濃淡  
甘辛  
味のタイプ  
蔵元 株式会社萬乗酒造
産地 愛知県 
醸造方法  
使用酵母 協会9号系
おすすめの飲み方  
最終更新日(2018/10/10)

蔵元のコメント

皆様を遥か彼方へお連れしたい。そんな思いを込めました。
瓶に記されている西暦は、お米の収穫された年を指します。そして私たちの手により、醸造というプロセスを経て純米大吟醸として生まれました。
それからさらに時をうつろい、今ようやくあなたの手元へ届こうとしています。
しかしこれで終わりではありません。この「彼の地」はさらなる時のうつろいの中で、理想的な熟成(AGING)を経る可能性を秘めています。
複数本お手元に置かれ、時の流れを感じつつ、AGINGを楽しまれるのも一興かと思います。

〇TASTING NOTE
グレープフルーツや野イチゴ、アカシアの花の香り。

果実味を強く感じますが、とろりとした甘味とエキゾチックなフレーバーが余韻を残します。

日本酒のような、日本酒でないような。
日本にいるような、どこか異国の地にいるような。
そんな錯覚を覚える、不思議な魅力があります。

長期間の熟成にも向く要素を感じます。
ゆっくりと熟成させ、気長に楽しむことが出来るお酒です。

〇mariage
・オマールエビ
やわらかく、しっとりと火を入れられたオマールの身は格別です。
定番のアメリケーヌソースのように、海老の旨味が凝縮されたソースにお酒を合わせるには、日本酒以外ないかもしれません。

お酒との相性を考えると、ソースに酸味を加えるのもお勧めです。
彼の地の柑橘、エキゾチックな香りとぴったり合ってきます。
あまりにドライな味わいよりも、とろりと余韻の長い、甘みの感じられるお酒との相性がいいようです。

・シマアジの握り
ピンクと乳白色の身が美しいシマアジは上品な肉質と、夏の魚ならではの爽やかな香りが楽しめます。

彼の地のグレープフルーツのような爽やかな柑橘の香りは、シマアジの握りとよく合います。
少し冷やし目(10℃ほど)くらいの状態の方が、よりシマアジの香りと甘みを引き立てるようです。

・鮑と雲担
柔らかく蒸したアワビとウニを、肝のソースで贅沢に合わせた一皿です。
鍵となるのはアワビの食感と合うお酒を選ぶこと。

火を通したアワビは甘さが増し、柔らかく滑らかな食感が魅力です。
こういった場合シャープで、軽すぎるお酒ではバランスが取れないでしょう。
「彼の地」は熟した果実味がバランスよく現れ、凝縮感と滑らかさが同時に楽しめます。
そのためアワビの食感とよくマッチし、凝縮した甘みがアワビとウニの繊細な風味を引き立ててくれます。
もちろん肝のソースの邪魔をすることもありません。

 

酒サーチ!レビュー

 

購入先リンク

取り扱いのあるお店

レビュー

 

Language

  • ja
  • en

Archives

スポンサードリンク

 

 

 

ページ上部へ戻る