賀茂鶴 純米大吟醸 広島錦(広島県)

  • 2018/12/4

銘柄の情報

銘柄 蔵元 特定名称 タイプ
賀茂鶴 賀茂鶴酒造株式会社 純米大吟醸酒   
原料米 精米歩合 使用酵母 醸造方法
広島錦 38 協会5号  
濃淡 甘辛 味のタイプ おすすめの飲み方
やや濃醇  中口  薫酒  冷や 
アルコール度数 日本酒度 酸度 アミノ酸度
16
銘柄 賀茂鶴
蔵元 賀茂鶴酒造株式会社
特定名称 純米大吟醸酒 
タイプ  
原料米 広島錦
精米歩合 38
使用酵母 協会5号
醸造方法  
濃淡 やや濃醇 
甘辛 中口 
味のタイプ 薫酒 
アルコール度数 16
日本酒度
酸度
アミノ酸度
おすすめの飲み方 冷や 

蔵元のコメント

法人設立100周年を迎えるにあたり、原点に立ち戻り、「味わいを大切にした賀茂鶴らしい酒」を求め、改めて地元広島の素材と向き合いました。 原料に幻の酒米「広島錦」、「協会5号酵母(賀茂鶴酵母)」を用い醸した 華やかな香りにやわらかでふくよかな甘味、心地よい爽やかさのある純米大吟醸酒です。

■幻の酒米「広島錦」を復活
この度、種籾から復活させた「広島錦」は、昭和初期に広島県で推奨品種とされていた酒造好適米です。やや小粒で酒にすると芳醇な味わいとなる特徴を持ちますが、背が高く倒れやすいことなどの理由から栽培されなくなりました。賀茂鶴酒造は、その芳醇な味わいを求め、委託農家のご協力のもと「広島錦」を復活させました。この酒は、その原料米を全量自社にて精米し、明治三〇年から稼働し続ける二号蔵にて、杜氏「椋田 茂」が寒中、手作りで醸した純米酒です。

■協会5号酵母(賀茂鶴酵母)
明治時代に酵母がアルコールを造っていることが分かり、日本醸造協会が良質な酒を醸す銘醸蔵の酵母を培養し、全国の酒蔵に配布するようになったのが協会酵母の始まりです。大正10年(1921)に賀茂鶴が全国酒類品評会で1位から3位までを独占。賀茂鶴の酵母は優秀性を認められ、史上5番目の「協会酵母」として各地の蔵に配布されていました。

 

酒サーチ!レビュー

 

取り扱いのあるお店

レビュー

 

Language

  • ja

Archives

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る